弁護士ならば適正価格

不倫によって発生する慰謝料は双方の話し合いによって金額が決まりますが、この話し合いの際に弁護士に入ってもらうことによって得られるメリットのひとつが慰謝料を適正な価格で決めることができるということです。慰謝料を払う側にしてみれば一般的な金額よりも高額となってしまえば損をするわけですし、受け取る側にしてみれば一般的な金額よりも少なくなれば損をします。

弁護士そのような結果になってしまって、あとから世間の一般的な金額を知れば悔しい思いをすることとなりますが、このような事態を招かないためにも弁護士に仲介してもらうのが良いと言われているのです。弁護士が間に入れば金額も世間の相場を提示してくれますので、どちらの立場であっても損をするようなことはないと言われています。

さらに言えば、弁護士が間に入ることによって話し合いもスムーズに進むことが予想されています。また、前述したパターンのように不倫相手に慰謝料請求する場合は不倫された側にとっては顔なんて合わせたくなくて当然です。ましては当事者同時だけの話し合いなんて危険です。感情的になりがちな話し合いは第三者が入ることで冷静に進めていくことができるといわれています。どうしても顔を合わせたくない場合も、弁護士へ任せてしまうことも可能になるでしょう。


▼関連記事▼

不倫相手も慰謝料請求

不倫による慰謝料の支払いは夫や妻を裏切ってしまった女性や男性にも降りかかりますが、同時に不倫相手にも降りかかる可能性があります。可能性としたのは、相手次第だからです。妻のいる男性がよその女性と不倫をした場合には慰謝料を請求するのは妻となり、その夫に慰謝料の要求をおこなうことがあります。その際に同時に相手の女性に対しても慰謝料を請求するかどうかを決めるのも妻となります。

相手相手には何も言わないという奥さんもいますので、相手が必ずしも慰謝料を請求されるかどうかはわからないのです。しかし、請求される可能性がありますので、不倫相手という立場にいるのであれば、こうしたリスクがあることも考えておきたいものです。そして、実際に女性や男性が不倫相手のパートナーから慰謝料の請求をされてしまった場合には、これには応じなければなりません。

たとえば相手が既婚者だったことを本当に知らなかったなどの事情があれば逃れることも可能かもしれませんが、それを証明する必要もありますし、払うにしても自分だけで交渉すれば高額となりますし、相手と顔を合わせないといけません。そのため、弁護士に間に入ってもらい、交渉していくのがスムーズと言われています。


▼関連記事▼

不倫による慰謝料とは

慰謝料とは端的に言ってしまえば迷惑料のようなものです。そのため、不倫によって迷惑をかけたという意味合いで相手に支払うお金となります。その金額は基本的には当人同士での話し合いによって決められます。相場はありますが、あくまでも当事者同士の話し合いで決まります。だからこそ、極端な例を言えば10万円でおわることもあれば1億円を超えるケースもあるのです。

相場相手への怒りが大きい場合には当然ながら大金を受け取ることを考えますし、相手に経済力があるのであれば反省させる意味でもできるだけ大きな金額を受け取ろうと考える方も多いものです。このように相場があってないような世界なのですが、そうは言っても世間的には相場と言われる金額は存在しています。その金額はおよそ100万円から300万円の間と言われています。平均的な年収を稼いでいるサラリーマンなどであれば、このような相場で支払うこととなります。

もちろん、100万円と300万円ではまったく違いますが、これは不倫をしたことによって夫婦関係がどうなったのかによっても変わってくるからです。離婚となればやはり高額になりますし、そのまま夫婦を継続していくということであれば安く済みます。そのため、結果によっても相場は変わってくるのですが、いずれにしても多くのケースで慰謝料のやり取りが生じるのです。


▼関連記事▼

慰謝料が発生する物事

大人として生きていれば一度や二度は慰謝料という言葉を耳にしたことがあるはずです。たとえば芸能人が離婚をしたことを発表し、芸能ニュースなどをにぎわせることも多々ありますが、このような場面で慰謝料という言葉が記事の中に含まれていることも多いものです。しかし、こうした慰謝料のやりとりは何も芸能人だけに限った話ではなく一般の方々であっても多々あります。

慰謝料特に多いのは離婚時の慰謝料ですが、話し合ってお互い納得の上での離婚であれば慰謝料が発生しないケースも多いのです。慰謝料が発生しやすいケースとしては、どちらかが不倫をしていたなどの事実が発覚し、その結果として夫婦関係が破たんしたような場合に慰謝料が発生するのです。もちろん、慰謝料を払うのは不倫をした側です。夫である男性が妻以外の女性との不貞行為を働いたとなれば、その際には慰謝料を妻に対して払うこととなります。

また、この際、夫である男性と不倫をしていた女性にも妻側から慰謝料請求がされることもあります。このように不倫という行為は当事者である男女にとっては軽い火遊びのつもりであっても、いざ話し合いとなれば大きな金銭が動く行為になるのです。そのため、不倫という世界に気軽に足を踏み入れるのはやめておきたいものですが、時すでに遅く、不倫をしてしまっているのであれば支払いを前向きに考えていくしかありません。また、自分のパートナーに裏切られて不倫をされた方も慰謝料を受け取って自分を納得させることを考えていきましょう。


▼関連記事▼