弁護士ならば適正価格

不倫によって発生する慰謝料は双方の話し合いによって金額が決まりますが、この話し合いの際に弁護士に入ってもらうことによって得られるメリットのひとつが慰謝料を適正な価格で決めることができるということです。慰謝料を払う側にしてみれば一般的な金額よりも高額となってしまえば損をするわけですし、受け取る側にしてみれば一般的な金額よりも少なくなれば損をします。

弁護士そのような結果になってしまって、あとから世間の一般的な金額を知れば悔しい思いをすることとなりますが、このような事態を招かないためにも弁護士に仲介してもらうのが良いと言われているのです。弁護士が間に入れば金額も世間の相場を提示してくれますので、どちらの立場であっても損をするようなことはないと言われています。

さらに言えば、弁護士が間に入ることによって話し合いもスムーズに進むことが予想されています。また、前述したパターンのように不倫相手に慰謝料請求する場合は不倫された側にとっては顔なんて合わせたくなくて当然です。ましては当事者同時だけの話し合いなんて危険です。感情的になりがちな話し合いは第三者が入ることで冷静に進めていくことができるといわれています。どうしても顔を合わせたくない場合も、弁護士へ任せてしまうことも可能になるでしょう。


▼関連記事▼

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket