不倫による慰謝料とは

慰謝料とは端的に言ってしまえば迷惑料のようなものです。そのため、不倫によって迷惑をかけたという意味合いで相手に支払うお金となります。その金額は基本的には当人同士での話し合いによって決められます。相場はありますが、あくまでも当事者同士の話し合いで決まります。だからこそ、極端な例を言えば10万円でおわることもあれば1億円を超えるケースもあるのです。

相場相手への怒りが大きい場合には当然ながら大金を受け取ることを考えますし、相手に経済力があるのであれば反省させる意味でもできるだけ大きな金額を受け取ろうと考える方も多いものです。このように相場があってないような世界なのですが、そうは言っても世間的には相場と言われる金額は存在しています。その金額はおよそ100万円から300万円の間と言われています。平均的な年収を稼いでいるサラリーマンなどであれば、このような相場で支払うこととなります。

もちろん、100万円と300万円ではまったく違いますが、これは不倫をしたことによって夫婦関係がどうなったのかによっても変わってくるからです。離婚となればやはり高額になりますし、そのまま夫婦を継続していくということであれば安く済みます。そのため、結果によっても相場は変わってくるのですが、いずれにしても多くのケースで慰謝料のやり取りが生じるのです。


▼関連記事▼

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket