不倫相手も慰謝料請求

不倫による慰謝料の支払いは夫や妻を裏切ってしまった女性や男性にも降りかかりますが、同時に不倫相手にも降りかかる可能性があります。可能性としたのは、相手次第だからです。妻のいる男性がよその女性と不倫をした場合には慰謝料を請求するのは妻となり、その夫に慰謝料の要求をおこなうことがあります。その際に同時に相手の女性に対しても慰謝料を請求するかどうかを決めるのも妻となります。

相手相手には何も言わないという奥さんもいますので、相手が必ずしも慰謝料を請求されるかどうかはわからないのです。しかし、請求される可能性がありますので、不倫相手という立場にいるのであれば、こうしたリスクがあることも考えておきたいものです。そして、実際に女性や男性が不倫相手のパートナーから慰謝料の請求をされてしまった場合には、これには応じなければなりません。

たとえば相手が既婚者だったことを本当に知らなかったなどの事情があれば逃れることも可能かもしれませんが、それを証明する必要もありますし、払うにしても自分だけで交渉すれば高額となりますし、相手と顔を合わせないといけません。そのため、弁護士に間に入ってもらい、交渉していくのがスムーズと言われています。


▼関連記事▼

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket